秋季彼岸会

動画配信中

仏教絵本「二河白道」

中国の浄土教の祖 善導大師のたとえ話

お話にで出てくる西の岸とは彼岸ともいい

阿弥陀如来の西方浄土を意味します

お勤め「仏説阿弥陀経」「拝読浄土真宗のみ教え」「聖人一流章」

彼岸とは 念仏の教えをいただいたものが いのち終えて生まれていくさとりの世界

仏となった懐かしい方々がおられる 阿弥陀如来の西方浄土のことである

善導大師はお示しになる

 

西の岸の上に人ありて喚ばひていはく

なんぢ一心正念にしてただちに来れ

われよくなんぢを護らん

 

阿弥陀如来は必ず救う われにまかせよと 西の岸よりよびかけておられる

如来のよび声は南無阿弥陀仏の名号となって 今この私に届いている。

如来に抱かれ 先に浄土へ生まれた方々に導かれて 彼岸へと続くただ一つの道 念仏の道を歩むのである

 

「拝読 浄土真宗のみ教え」



コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    中村宏述 (水曜日, 22 9月 2021 08:53)

    ありがとうございました。
         なまんだぶ なまんだぶ